ホーム > ハゲ > アミノ酸系のシャンプーが頭皮に優しい

アミノ酸系のシャンプーが頭皮に優しい

湯シャン(シャンプーなしで、お湯で洗うのみ)こそが育毛に良いシャンプーと言う人もいます。
確かに、シャンプーが体質と合っていない場合はフケが多く出て、抜け毛が酷くなる場合もあるので、それならば、シャンプーを使わない方が良いのでしょうが、それでも、お湯だけでは落としきれない汚れもありますよね。そこで、頭皮に良いシャンプーとはどんなものかについて、確認しておきましょう。薄毛の進行を止めるシャンプーはノンシリコンの製品やアミノ酸系のシャンプーが頭皮に優しいと言われています。

シャンプーの含有されているシリコンは、本来は髪のキューティクルを守るための成分ですが、それが、毛穴に詰まると抜け毛の原因になるそうです。
また、亜鉛、アミノ酸、ビタミンなどの栄養素が入ったシャンプーもあるようです。さらに、シャンプーをする時に、余分な皮脂を落とし、頭皮の乾燥を防ぐことが目的ですが、ゴシゴシとこすり過ぎるとフケの原因になったり、皮脂が過剰に出るので、優しく1~2分程度で終わらせた方が髪に潤いを持たせやすいのです。もちろん、シャンプーをしっかり洗い落とす必要もあります。(商品によりますので、説明書に注意がある場合は。そちらに従ってください。)後、シャンプーで泡立てる前に、先に髪にお湯をかけておくべきです。
体温より少し熱い38度くらいが目安で、実際はぬるく感じるくらい、それ以上だと、頭皮の細胞を傷つけ、フケや抜け毛の原因になります。
また、髪にシャンプーを直接つけて泡立てるのではなくて、掌で先に泡立ててから髪の毛に付けた方が良いです。
この泡の量は、細かな泡で無く、こんもり空気を入れた状態です。
そして、頭皮をマッサージするようにゴシゴシこするのではなく、指で揉む感じで髪や頭皮を洗うと血行も良くなります。
ただ、シャンプーをいつまでも付けておくと頭皮にはきついので、1~2分で洗い流した後で、頭皮はマッサージした方がよいです。
また、シャンプーは育毛剤では無いので、あくまで頭皮の皮質を洗い流すだけの物です。
歯磨きをいつまでも歯につけて置かないように、さっさと洗い流した方が髪の健康にいいでしょう。
シャンプーをつけるのは1日1回にし、フケや抜け毛が多いなら、そのシャンプーはあっていません。
早めに変えた方が良いでしょう。

ハゲに効くシャンプー ノンシリコンが基本